忍者ブログ

白昼夢。

夢のようで夢ではない夢。 現を願う夢。

[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何もかもが不釣合いで

 その度に都合のいい方向に解釈するのですが わりと現実的じゃありませんか?





 In オーサカ ぱーとつー



 新幹線からの車窓より
 トンネルを抜けるとそこは雪国でした とか
 そういうのは小説だけにしてほしい
 mjd

 丁度広島を通過するあたりの トンネルで挟まれた一区画のみ見事に雪景色でした
 mjd焦った
 曇りとか雨とは聞いていたけれど 3月であついあつい言っている時期にいきなり雪を見るとはおもわなんだ
 でもぶっちゃけると雪の方がありがたかったけどね 傘ささなくていいし...
 イヤー 両手にたんまり荷物持ってると傘持つのが面倒ってだけです
 衛星写真見てびびった なにあの雲膜 晴れの気配が全く感じられない
 なんつーか こんなに続くと この曇り空が現代人の胸の内の現れみたいに見えてくるんだよね
 ほら 景気が氷河期だし








 不細工だーって言って嘆くつもりはなかったのだけど
 いろんな要素が重なり合って 元からある分とは別に自己嫌悪はいりまくりんぐです

 運命を恨むほど歪んだ顔ではないし
 素顔を晒せないほど珍妙な性格だとも思えないので
 平気ではあったのだけど
 現に先入観さえ持たれる隙を与えなければ...

 実家の自分の机に 何のつもりか両親の卒業アルバムが立ててあったのね
 このシーズン宜しく。
 大分前に学生時代の写真はチラッと見せてもらった記憶があるのだけれど

 これが見事なくらいヘンカガナイ
 そりゃ当人だからあたりまえにせよ 大人になったら 昔の面影を僅かに残す程度で名前言われるまで気付かれないケースが 普通といっちゃぁアレだけど大概はそうだと思っていたけれど
 息子だからわかるのだろうとは思ったけれど流石に変化がなさすぎて
 親父は肌荒れとかがあるから無理にせよ 母者はセーラー着て髪型サラしてモノクロ写真にすればたぶんいける
 逆に考えると母者は今も若々しいし、実際クラスメイトに羨まれた事もある 冗談か本気かは別にして
 うちの家族って年取っても誰一人風格変わらないんだよなー 身長とかくらいか

 母者の若々しさはどちらかと言うとかわいげがあるといった方向で 親父は両さんが生真面目になったカンジ
 その両方を平等に譲り受けたからおかしな事になっちゃってるんだよね 今更だけど
 歳を重ねても出っ張る頬と細目の笑みで童顔かと思いきや 親父の影響もさり気なく受けている
 どうすれば落ち着いた笑顔になるか 顔の運動とかやった覚えがありますが投げました

 多分自然にしていれば変に見えない顔といったところなのでしょう
 だから自然にしている事が多かった昔や少し前までは良かったのですが

 

 ここ数日 ここや各所に散らばる駄文上で成人男性に相応しくない書き込みをしてしまっている
 勿論俺がそうしたいから綴ってきた物なのですが
 これ実際に一二度口にした事があったりなかったり
 それナシにしても そういう事を綴る分には躊躇わなくなりつつあり
 勿論綴っているだけなのでこれだけなら大したことはないのですが



 本読んでるよーんと言って 購入した本をその都度自慢げにブログに書き並べておきながら
 唯一それをしていないシリーズ 狼と香辛料シリーズ(今した
 獣かと思いきや 獣姿なのは数カットのみで いわゆる狼耳狼尻尾キャラの小説です
 電撃文庫という事で色物要素が少なからず入っているのですが
 この作品はわりと生活観がある、ありのままの流れがそれなりに感じられる と個人的には思っているのです
 が やはり色物は色物で と言うよりは恋愛傾向が強いから偏に色物とも言い難いのですが
 恋愛色が流れを締め始めるともがく私は当然ダメージを受けてしまいます
 生活感に助けられたけども

 で どう言うワケか
 この小説からも自分の身に覚えのある流れを感じ取ってしまったのです
 尤も こういう事は大概 自分から似ていると勝手に思い込むことが原因なので大した意味は持たないのですが
 それにしたって 普通の文庫本でしかなかったのに
 まいて俺には無縁の物語でです



 二項目以降の話を纏めると
 つまり気持悪くなったのです 自分が
 いい歳してこの顔をして俺は何を縋っているのかと

 


 勿論 一生物としての気持と考えを述べる上での発言には何の違和感もないのですが
 ただでさえ...



 毎回夢を冷まさせてくれるのは と何時か語った気がしますが

 それをもっと分析すれば それは大概現実的なものです
 現実は冷やかですもの
 
 しかし 冷ますことができるのであれば温めることもまたできるのかもしれません
 現実と夢のどちらがあるべき姿なのかだなんて 答えはどこにもありませんから
 だから私は 現実では現実を 夢では夢を語ろうと思います

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

RPGに対する欲と嫌悪 HOME 読書好きなら

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[12/30 昴]
[12/21 楓]
[09/23 昴]
[09/20 水無月無限]
[09/11 昴]

プロフィール

HN:
性別:
男性
趣味:
本に関する事なら大概は。
自己紹介:
 一応ケモノ好き。
 ポップン・DJMAXとかもちまちまやってます、出来は...ね?
 FF5・7・12系、特に12系モーグリは...ッ!
 オンラインネクソンのテイルズウィーバーのユーザーでした。引っ越しの際にアド変し忘れ入れなくなっちゃいました(´・ω・`)かーくん愛。

 FF14始めました(PS4) 。
【データセンター】:エレメンタル
【サーバー】:トンベリ 他1
【メイン】:Moa Rainer
 始めて間もないヒヨッコ。
 鯖取りの合間にサブでもう1キャラ作成しています。メインが弓なのでこっちで魔法の練習をしようかと。まだほとんど触っていないのでどこの鯖使ったか忘れました(スマヌ)。後日追記します。

 月並みですが読書家。伊坂幸太郎・村上春樹の両氏を基盤とし、守り人シリーズや獣の奏者で有名な上橋菜穂子・ミステリー小説家の宮部みゆきなど、本格的な読書家の方々には劣りますが其れなりに読み漁っております。
 不定期で文庫本漁りなど。


 基本的にあんまりこだわらない性質です。
 極めようといった事はせずにゆるーく楽しむのが私流。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe